生クリームのような洗顔石鹸

私の顔は全体的にグレーの膜のようなものが張り付いているような
どんよりと曇っている。

数年前から気になっていたのですが、毎日洗顔しても落ちない。
・・・て事は日焼け?肌の老化?

これは年齢的に仕方のないものなんだと諦めていました。

でも違うの!
この「グレーの膜のようなもの」これこそ顔のくすみなのですね。
顔のくすみがあると顔が暗く見えてシミ・ソバカス・肌のキメの粗さが目立つ。

そこで!こちらのサイトで紹介されていた
くすみ専門の洗顔石の二十年ほいっぷを試してみました。

顔のくすみには2種類あって「肌表面の汚れ」と
「角質層の潤い不足」から起こるそうです。

特に角質層の潤い不足は肌をキレイにと洗浄力の強い石けんを使用する事で
逆に肌に必要な油分や水分まで取り去ってしまい、
肌の奥の角質層に潤いが足りなくなって起こるそうです。

本当に肌に必要なのは
肌表面の汚れを落として、肌の奥(角質層)に潤いを届ける石けんです。

汚れを落として、潤いを届ける。
二十年ほいっぷは石けん職人さんが二十年かけて研究した技術の
直火釜練り製法で作られています。

洗浄と潤いの成分の配合・混ぜ合わせる技術が機械ではできないので
石けん職人さんが一つひとつ手作りしている洗顔石鹸です。

機械では作れない、石けん職人さんの手作り石けん!!
しかも二十年ほいっぷはモコモコ弾力泡の洗顔石鹸。

あのモコモコ泡で洗ってみたい。
泡の下の顔はどんな状態?
商品名に「ほいっぷ」とあるので生クリームを肌にのせているような感じ?
想像がふくらんでワクワクしてきました。
まずは一度試してみよと思います。