社宅に住んでた時に水回りのトラブルに見舞われた話

一時期社宅に住んでいたので、家の事に関しては自分ではやらず大家さんに任せきりの状態でした。

私が入居したときには周りにそれほど人はおらず快適な生活を送っていたのですが、そのうちに人数がかなり増えてきて水回りなども色々な人が使うようになりました。

もちろん社宅なので大家さんがある程度管理してくれていたので安心してはいましたが、ある時急に水回りが使えなくなってしまい困ってしまったことがありました。

ちなみにその社宅は水回りだけは共同で部屋だけが別々というような状態でしたので、当然水回りばかりが消耗するのも当然だとは思います。

しかもそこの水回りはかなり古いもので、蛇口もひねるようなタイプだったのです。前々から締まりが悪いという風には感じていたのですが、徐々に完全に閉まらないような状態になってしまいました。

最初のうちにはなんとなく締まりが悪く、ポタポタと水が溢れているのできゅっと締めなければならないような状態だったのですが、徐々に破損が酷くなってきたのか閉めるときにもかなり無理をしないで閉まらなくなったのです。

また、蛇口を開けるときにも相当な力を入れないと開かないようになってしまいました。

そうこうするうちにダラダラと水が流れるようになってきてしまったので、 大家さんにこの水回りのトラブルがあることを告げました。

その時には蛇口の状態は非常に悪く、下側から水がポタポタと溢れているだけではなくパッキン部分からも水がしたたってくるような状態でした。

パッキン部分が破損してるだけなのかと思っていましたが、年数劣化でその他の部分も悪くなっているような状態でしたから、蛇口ごとすべて交換しなければならないような状態でした。

とりあえずは大家さんが水漏れ修理の業者さんに依頼してすぐに交換してくれたので良かったです。

その後は旧型ではなく新しい蛇口になったので随分と使いやすくなりました。年数劣化していた蛇口を使うのに神経を使っていましたが、トラブル解消ができてとても楽になったことを覚えています。